top of page
映画「大地よ」トップページ写真

只今、絶賛上映中!!

​アイヌとして生きる

​大地よ

民族のアイデンティティー、共生への光を求めて

​ アイヌの精神と魂の原点を探るドキュメント映像詩

北海道の海ートップページ

​海の神、風の神、森の神、大地の神への祈り

アイヌとして生き、
​アイヌの精神を問い続ける宇梶静江の世界

​今こそ響く、アイヌの知恵が蘇る

海_edited_edited.jpg
SERVICES
北海道の海ー陽射しトップページ
大地よチラシ表.jpg
映画大地よチラシ裏.jpg

​上映情報

東京 ポレポレ東中野

好評につき再上映決定!!

◽️6/10(土)~23(金) 12:20~
◽️6/24(土)~30(金) 12:00~

 

大阪 シアターセブン

好評につき上映延長決定!

◽️5/27(土)〜6/2(金)

12:00〜

◽️6/3(土)〜6/4(日)

11:20〜

◽️6/5(月)〜6/9(金)

14:40〜

◽️6/10(土)・11(日)

10:30〜
◽️6/12(月)~15(木)

12:00〜

◽️6/17(土)~23(金)

12:15〜

​​■名古屋 シネマスコーレ

上映は終了いたしました。

ご来場、ありがとうございました!

チケットの予約方法については、

劇場のサイトにてご確認ください。

ABOUT US
宇梶静江写真
古布絵_フクロウ

宇梶静江(主演)プロフィール

1933年3月3日北海道生まれ。

北海道浦河郡姉茶村で家の手伝いをして幼少期~少女 期を過ごす。20歳で札幌にある私立北斗学園中等科に入学し、56年卒業する。卒業後に上京し、59年に結婚、一男一女の母となる。66年『詩人会議』(初代運営委員 長・壺井繁治)の同人となり詩作を始める。72年2月8日、『朝日新聞』「ひととき」 欄に「ウタリたちよ、手をつなごう」の投稿が掲載され反響を呼ぶ。首都圏在住の アイヌ結集の契機に。翌年「東京ウタリ会」を設立。96年63歳で一念発起し、アイヌ伝統刺繍の技法を学ぶ中で、ユカラに語られてきたアイヌの叙事詩を表現するぼろ布 による独自な“古布絵”を創出する。以後、古布絵作家として活動を展開。米国、オーストラリア、ドイツ、ロシア等海外の先住民と交流を重ねる中で、世界の先住民と してのアイヌへの思いを新たにする。2011年、古布絵作家としての活動が評価され、 吉川英治文化賞を受賞。また東日本大震災を目の当たりにして一週間後に湧き出た 詩「大地よ」が注目される。以後も先住民としてのアイヌを自覚した活動を続ける。 2020年、自伝『大地よ!アイヌの母神、宇梶静江自伝』が評判となり、評価され後藤新平賞を受賞する。 著書に『アイヌ力よ!次世代へのメッセージ』(2022年)、『奇跡の対話 渋沢栄一の孫とアイヌの母神』(鮫島純子と共著、2022年)、『大地よ!』(2020年)、絵本『シマフクロウとサケ』(以上藤原書店、2020年)、絵本『セミ神さまのお告げ』(福音館書店、2008年)、『すべてを明日の糧として』(清流出版、 2011年)などがある。

海と朝陽 北海道
CONTACT
テーマ曲収録
サントラCD
只今、絶賛制作中♪
古布絵ーフクロウ2

CONTACT

​<配給>

(株)藤原書店

〒162-0041

 東京都新宿区早稲田

 鶴巻町523

 

yosuke@fujiwara-shoten.co.jp


Tel:  03-5272-0301

bottom of page